Facts about Talc
研究

採掘作業者および粉砕作業者の研究

miners-millers-study-hero.jpg

職業を通して毎日高レベルのタルクに曝露している、タルクの採掘と粉砕の作業員について数件の疫学的研究が行われました。これらの研究では一律に、高レベルの化粧品用タルクに暴露しても、中皮腫のリスクは上昇しないことが明らかになりました。

Johnson & Johnson が利用しているイタリアの化粧品用タルク鉱山で行われた採掘と粉砕の作業員の疫学的研究でも、これらの作業員に中皮腫のリスク増加がないことが確認されました。1,000人を超えるイタリアの化粧品用タルクの採掘・粉砕作業員について、1976年から2017年の間に公表された個別の4件の研究において、追跡調査が実施されました。これらの作業員の中に、中皮腫を発症した者はいませんでした。

また、オーストリア、フランス、およびノルウェーで行われた別の疫学的研究でも、採掘・粉砕の作業員において、中皮腫のリスク増加が認められないことが明らかになりました。実際に、これらの場所で研究されたタルク作業員の誰も中皮腫を発症しませんでした。

NIOSH と OSHA は、1979年にバーモント州の採掘・粉砕の作業員について研究を実施し、これらの採掘と粉砕の作業者の中に、中皮腫を発症した者がなかったことを報告しました。2019年09月年に、別の研究者グループが、さらに 37 年間にわたって、これらのバーモント州の採掘・粉砕の作業員を追跡調査し、更新情報を発表しました。拡大 2019 試験では、中皮腫の1症例が特定されました。しかし、この個人の死亡証明書は、彼がアスベストに暴露されていたことを示していました。また、彼がタルク作業員として雇用されていた期間は 5 年未満でした。2019 試験では、バーモント州の採掘・粉砕の作業員において、中皮腫のリスク増加は認められないとの結論が導かれました。

採掘作業者および粉砕作業者の研究

中皮腫のリスク増加なし
2,149
毎日タルクに暴露した採掘作業者および粉砕作業者
研究を
40
年以上
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software