Facts about Talc
研究

ナースヘルス研究

nurses-study-hero.jpg

看護師健康調査(NHS)は、女性を対象とした健康に関する過去最大規模の研究です。米国政府が出資するこのコホート研究では、1976年以降の女性における、主な慢性疾患のリスク要因について調査されました。このNHSの研究では多くの発見がありました。なかでも、女性の喫煙と心疾患の関連性が明らかにされ、それが乳がんに対するホルモン療法の開発につながりました。

NHS にはタルクの使用に関する項目があり、78,630人の女性を合計24年間追跡調査しています。4,5彼女たちに、性器の周辺や生理用ナプキンにタルカムパウダーを使用したことがあるか質問しています。そのうち、「はい」と答えた女性がおよそ 40% いました。次に彼女たちは、タルクユーザーのグループに割り当てられました。4,5

研究の結果、タルクユーザーにおいて、タルクの使用頻度にかかわらず、卵巣がんの全体的な発症率は増加しないというデータが明らかになりました。体や衛生用品に直接パウダーを使用する女性の間でも、卵巣がんの発症率に差がないことがわかりました。4,5

ナースヘルス研究

全体的な増加を示さなかった

卵巣がんのリスクの
24
年にわたる研究は
による
78,630
女性
31,789
のタルクの使用
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software