Facts about Talc
研究

Sister 研究

sister-study-hero.jpg

Sister 研究は、国立衛生研究所、国立環境衛生科学研究所の支援の下、2003年から2009年まで実施された、乳がんの原因を探る画期的な研究です。さらにこの研究では、タルクの使用、腟内の洗浄、および卵巣がんとのそれぞれの関連性を調査するため、参加者の分析が行われています。

この研究では、米国とプエルトリコに住む35~74歳の女性で、実の姉妹または異母(異父)姉妹に乳がんと診断されたものがいる41,654人が登録され、過去12カ月間のタルクの使用について質問されています。この研究を通して、会陰部へのタルクの使用と、後に診断された卵巣がんとの間に関連性はみられませんでした。7一方、タルクユーザーは腟洗浄をする傾向にあり、この Sister 研究では、タルクではなく、腟洗浄の方に卵巣がんのリスクを増加させる原因があることがわかりました。7

Sister 研究

全体的な増加を示さなかった

卵巣がんのリスクの
6
年にわたる研究は
による
41,654
女性
5,735
のタルクの使用
Powered by Translations.com GlobalLink OneLink Software